タグ:政策

  • af9920070674m

    モラル・ハザード(moral hazard)

    保険に加入していることによって、リスクに伴う行動が生じることをモラル・ハザードと言います。例えば保険に加入していると加入者は安心感を覚えることがありますが、その安心感によって危険な行為が増えてしまうことなどを指します。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • af9920070674m

    不良債権 (bad debt)

    何らかの事情により、回収が不可能となってしまった債権のことを不良債権と言います。債権が不良債権となってしまう理由には、主に企業の倒産や個人の破産などがあります。 日本ではかつて、バブル経済崩壊期に不良債権が急増しました…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • imasia_765513_M

    セーフティネット(safety net)

    予想することができるリスクや損害に対して、これらを回避することや損害の最小限化を目指して提供される制度や仕組みのことをセーフティネットと言います。国家や地方公共団体は日本の経済状況、国民の生活などから事前にリスクや損害を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Law book

    製造物責任法(Product Liability Law)

    製造物の欠陥により人に損害が生じた場合、その製造業者等に対して損害賠償責任を負わせることを定めた法律のことを製造物責任法と言います。ここで言う損害とは、例えば肉体的な被害、財産への被害などのことを指します。製造物責任法は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • wb0010016374l

    消費者の権利・責任

    1982年に国際消費者機構が、消費者の8つの権利と5つの責任を提唱しました。 消費者の8つの権利とはそれぞれ、「生活の基本的ニーズが保障される権利・安全である権利・知らされる権利・選ぶ権利・意見を反映される権利・補償を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • xf3455072363l

    消費者市民社会

    消費者自身が公正かつ、持続可能な社会の形成に積極的に参加する社会のことを消費者市民社会と言います。消費者教育推進法の理念にこの消費者市民社会が明確に位置づけられ、消費者自身の行動も持続可能な社会の形成を実現するためには重…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • af9980028282l

    消費者教育推進法

    消費生活に関する教育や啓発活動などを推進することを目的として、国や地方公共団体の責務を明らかにすることなどを規定した法律のことを、消費者教育推進法と言います。この法律が制定されたことによって、消費者は制定以前よりも自分の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • currency paper

    金融ビッグバン

    1996年から2001年にかけて日本国内で行われた大規模な金融政策のことを、金融ビッグバンと言います。1986年の英国においても金融ビッグバンと呼ばれる証券市場改革が行われていますが、この金融ビッグバンと日本国内の金融ビ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Law book

    金融政策

    中央銀行が行う金融面での政策のことを、金融政策と言います。金融政策は財政政策と並ぶ経済政策の柱と言われており、物価や経済の安定のためには欠かせない政策とも言えます。 具体的な政策としては、例えば国債の売買や金利の引き下…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Wealth

    金融自由化

    政府は国民の安全性などを高めるために、銀行や証券会社などの金融機関に対して規制をかけることがあります。この規制を廃止・緩和し、金融機関の業務を自由化することを金融自由化と言います。 国内において金融自由化の流れが顕著に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

この用語も覚えよう!

  1. imasia_765513_M

    セーフティネット(safety net)

  2. ar0010004754l

    証券会社

  3. imasia_6554747_M

    機会費用 (opportunity cost)

ページ上部へ戻る